読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャヲログ ~アイスクリーム?チョコレート?ナニがイイ?~

東京は中央線ユーザーのシャヲル2人が、ゆるゆるとSHINeeを愛でるブログ。

なんてったって ときめきエクスプレス

東京のど真ん中、鶯色の山手線になってシャイニーが走った!という話。

f:id:kiteretsumame:20170303085147j:image

f:id:kiteretsumame:20170303090058j:image

f:id:kiteretsumame:20170303090106j:image

f:id:kiteretsumame:20170303090121j:image

f:id:kiteretsumame:20170303090131j:image

f:id:kiteretsumame:20170303090139j:image

 すごく嬉しかった。必死に時刻表を調べて、電車がホームに入線してくるのをドキドキしながら待つのなんてきっと初めてだ。車体にメンバーの顔を見つけた瞬間に夢じゃなかった!って子供みたいなことを言いたくなるほど嬉しかったよ。うん。

 

幸福感に包まれてシャイニーの山手線に乗り込んで、久しぶりに山手線を一周してみた。渋谷から渋谷まで、約1時間の東京ぐるり旅。

学生の頃は授業終わってバイトまで時間があるときは山手線に乗って時間つぶし(寝る)していたくらい、私にとっては愛着のある路線。そして言わずもがな、大都会東京を代表する路線だ。そんな山手線にシャイニーがなぁ、なんて、子供の成長にしみじみしちゃう父みたいなことを思ってみたりした。

 

今までずっと、もっとたくさんの人に知って欲しかった。シャイニーっていうものすごく素晴らしい子達がいるんだってことを。「所詮韓流」なんていう乱暴な言葉で片付けらんないくらい最高すぎるグループなんだってこと、知って欲しかった。

シャヲルだけで愛でるだけじゃ、絶対もったいない。プロデュース側も含めて、彼らはアイドルとか音楽とかダンスとかファッションとか、そういうものの無限大の可能性を人々に知らしめてくれるグループだと思ってる。だから今回の山手線ラッピングや車内広告ジャックはFNS歌謡祭出演に続く、かつてないくらいのチャンスだと思った。いやほんと凄いことだと思う。

 

んで、シャイニーに興味ない友達や会社の先輩たちが「シャイニーが電車に!!」「車内がシャイニーに!!」って連絡をくれたんだけど、こういう連絡が私以外のシャヲルにもたくさん来ているんだろうなと思うと興奮したし、シャイニーは凄いんです、かっこいいし可愛いしいい子達なんです、これを機にどうぞひとつよろしくお願いします、って今度は世話焼きの叔母さんみたいなことを言って回りたくなった(というか私はした)。

一方で、この一連の推されっぷりに、これからシャイニーに一体なにが起こるんだろう、事務所はどんなことを企んでるんだろう、ってその輝かしいはずの未来がほんの少し恐ろしくも感じたり。だけどそんな勝手でちっぽけな私の不安も、ぐるっと渋谷駅に着く頃には、春めいた日差しで満たされた車内でポヤポヤととろけていったのだった。シャイニーの未来は誰にも分かんないけどきっと素晴らしいはずだしきっと幸せなはずなのです。案ずるな案ずるな〜〜

 

この先もずっと、山手線は相変わらず東京の中心をずーっとぐるぐる走ってるんだろう。シャイニーもこれから先、いろんな駅で停まりながら、たくさんの幸せとシャヲルを乗せて走るんだろうなどこまでも。なんてったって、ときめきエクスプレス!なのです。

 

 

春、ですねぇ。

f:id:kiteretsumame:20170305221102j:image

【ネタバレなし】SHINeeのMCから多様性について考えた 【レポなし】

博多駅の韓国料理屋さんで鍋をつつきながら、彼女に「『矢場とん』食べたことある?美味しいんだよ」と聞いた瞬間、しまった、と思った。
 
彼女は宗教上の理由で豚肉を食べない。当然、「豚肉は食べられないから…」という返答があった。もう1人の友人からすぐに「食べないという信念を持っていることは大切なことだよ」とフォローが入る。「みんな豚肉が食べられないと言うと大変だねって言うけど…」と、それに対して言う彼女。ああ、ウンザリするほど言われてきたんだろうな、嫌な思いをさせてしまったなと申し訳なく思った。が、別に豚肉が食べれないということは触れてはいけないことでもないだろうし、そこで謝るのも逆に失礼かなと思い「そうだったね」と言うに留めた。
 
もちろん、悪気があって聞いたわけでもない。宗教上の理由で食べられないものがあるというものも理解している。食べられないと言われても「ふーん、そうなんだ」と思うだけだ。だけど、その会話のやり取りをしながら私は、自分の普通と他者の普通が違うということについて改めて考えていた。
 
 

キーちゃんとテムちゃんの会話から多様性について考える

その日はSHINeeの2017年日本ツアー「FIVE」の福岡公演2日目だった。これから参戦する人も多いと思うのでネタバレになるような詳しい話は控えるが、彼らの言葉の端々に先ほどの会話と繋がるものが見えた気がして、どうにか文字にして頭の整理をしたいと思う。
 
福岡でのライブMCは従来に比べて長く、自由で、一人ひとりの発言や行動が本当に面白くってお腹を抱えて笑っていた。ペンライトの色を変える機能を使ってファンに質問をする時間があるのだが、そこでテムちゃんが「男が男のライブ見に行くのはちょっと…」的なことを言った時に、キーちゃんが「2017年(このご時世)に何言ってるの」「男が男のライブ見に行ってもいいじゃん、ライブ行って、インスピレーションを得たりするかもしれない」と詰め寄るくだりがあった。自分を強く持っているキーちゃんが「世間の普通」にとらわれた発言に物申したくなったのはよくわかる。
 
簡単に説明しておくと、ここでは「SHINeeのことが嫌いな人」が何人来ているのか知りたくなったテムちゃんが、該当者はペンライトを赤に変えるようお願いしたのだが、キーちゃんに何その質問と突っ込まれたのだ。テムちゃん的にはおそらくただの無邪気な興味であって、結局は「好きになって帰ってほしい」というオチでしめくくりたかったんだろうなと思う。
そんな話の流れで、テムちゃんの言うシャイニーのことが嫌いな人というのは「彼女に無理やり連れてこられた彼氏」のことを何となく指していることが分かった(ここもジョンヒョンに「彼女に連れてこられた彼氏だったり、彼氏に連れてこられた彼女だったり、、えーっと、恋人に連れてこられたり…」と次々と修正が重ねられた。さすがジョンヒョン)。
確かに仕方なく連れて来られて3時間も好きでもないアイドルのパフォーマンスを見せられるのはなかなかの苦行だ。きっとテムちゃんはそういう居心地が悪い立場の人のことを思いやっていたのではないだろうか。
 
そんなテムちゃんの心情をきっとキーちゃんも分かってた。だけどシャイニーには世界中の様々な文化圏にファンがいて、多様性というキーワードに彼らは特に敏感であり理解を示してきたグループだ。さらにこのご時世そういう発言が誤解を招いて炎上する可能性を考えて、咄嗟にどうにかしてテムちゃんに楽屋ではなく「あの場で」前言撤回させなければと判断したのではないだろうか。自分が嫌な役回りになってでも、追い詰めることでテムちゃんを守ろうとした。瞬時の判断力、大事なメンバーを守る勇気。そんなものをあのMCの一瞬で見せつけられた気がして、ますますキーちゃんが好きになったし尊敬した。
 
しかし恐らくその思惑に気づかなかったテムちゃんはテムちゃんで、上に書いたような思いがあるからか、ムキになって諦めず(母子のもんちゃくにヒヤヒヤしてたジョンヒョンが「はい!終わり!この話終わり!」って終止符を打とうとしてたのが物凄くかわいかった)、結局は質問を「好きでも嫌いでもない人」に変えてゲームは実施された。
テムちゃんが執着した「シャイニーのことが嫌いな人」。これはこれで、多様性のひとつだ。そこに言及し理解を示し、少しでも自分達に興味を持ってもらえたらという懐の深さと健気な心に、私はじんわりきた。
 
もちろんこれは喧嘩とかではないので、その後も楽しくライブは続いていった。
 
もしかしたらテムちゃんの発言に残念さを感じた人も、キーちゃんのお説教にムッとした人もいるかもしれない。だけど私はあの2人の、それぞれの持論を曲げずして多様性を理解し認めようとする姿がカッコいいなと思った。どっちが正しいとかそういうことが言いたいのではない。ああやって意見を交わすことがまずは大事なのだと思う。
 
もう一つ、テムちゃんがおそらく色盲の方に配慮した発言をした。ライトの色を一斉に変える時に所々違う色になっている人がいて、それに対して「色が見えない方もいるから…」と言ったのだ。まさかテムちゃんからこんな発言が出るとは思わなくて、そして自分自身全くそんなことを考えたことがなかったのでものすごい気づきだった。確かに色盲の方にとってはペンライトを指定の色に切り替える作業が難しいかもしれない。私の普通は色盲の方にとっては普通ではないのだ。
 
 

普通は普通じゃないということ

自分の住んでる世界や考えてることは必ずしも普通じゃない。私たちの想像以上にこの世界は広くて、そこにはコミュニティごとの、そして個人個人の「普通」が無数にあるのだ。なのに、いざ自分の普通と異なる状況に遭遇すると、人はそれを非難したり嘲笑ったり差別したりする。自分がその対象になっているかもしれないということに気付かずに。
 
もちろん、今すぐその違いをすべてを理解しなければいけない訳ではないし、ずっと理解できないこともあると思う。だけど、私たちの「普通」ではない「普通」もあるのだと知ることがまずは大事なのだろう。例えば膝を立ててご飯を食べるメンバーの姿も、日本ではお行儀悪いかもしれないけど韓国では普通の姿なのだ。宗教を持つことも持たないことも、食べないものがあることも、同性を好きになることも、その人それぞれの「普通」なのだ。
時には悪気もなく失言したり、自分と境遇が違うから可哀想という失礼な考えを持ったりして、結果として誰かを傷つけてしまうこともあるかもしれない。だけどそこから学んだり考えたり、意見して、理解していけばいいのではないか。
そんなことを、今回のテムちゃんとキーちゃん(そして時々ジョンヒョン)の会話をとおして考えた。多くの学びや気づきを得られたし、彼らへの尊敬やら誇りの気持ちが強まった、なんとも思い出深いライブになった。
 
いつものふざけたライブレポはツアー後半に書く予定。
 
以上。
 
 
お豆
 

なんでもやってみよう とあるシャヲルが2017年にやりたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

あけましておめでとうございます!お豆です。今年もシャヲログではSHINeeの魅力を感じたままに綴っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。とびきりの愛情をこめて書いちゃうから時々かなりのポエムになりますが...SHINee愛を深めたいとき、覗きに来ていただけたら嬉しいです!

 

さて、最近はてなブログのお題に挑戦するのがちょっと楽しい。いろんな人が同じお題について、当たり前だけどぜんぜん違うこと書いてるの、ちょっとした宇宙って感じがしてワクワクする。

 

yurushinee.hatenablog.com

yurushinee.hatenablog.com

 

2016年の初記事のテーマ、何にしようかなと考えていたところ「2017年にやりたいこと」がお題としてあがっていた。年初め、ていうのもあるし、auの「なんでもやってみよう」ていう、三太郎+αがいろんなことに挑戦するCMにちょっと心を動かされたこともあり、今日はこれをテーマにちょっと書いてみようと思う。

 

2017年にやりたいこと あるシャヲルの場合

【ブログ編】

・好きな楽曲ベスト記事を書きたい

やろうやろうと思ってまだ書けてないこちら。たくさんあるSHINeeちゃんたちの傑作のなかでも好きな曲をじっくり選んで、それぞれについての考えなり思いをまとめる作業したい。好きなアルバムランキングもやりたい。めっちゃ悩みそう。

 

・「あるKポヲタの1日」企画やりたい

ジャニヲタさんにはブロガーさんが多いらしく、なかでも有名ブロガーあややさんが始めたジャニヲタの1日を記すっていう企画が一時期流行っていた。それを羨ましそうに物陰から眺めていた私だけど、今年は企画までいかずとも記事として自分の1日を記録してみたい。他のKドルヲタの方がどんな生活を送っていらっしゃるかも知りたい。

moarh.hatenablog.jp

 

・カップリングについての考察記事書きたい

オンテムやらジョンキーやらツミンやら、かわいすぎるカップリングだらけのシャイニーですが未だにしっかりとした記事が書けてないのがちょっと悔しい。いや、めっちゃ書きたいんですよ。けどテコテコ書いてるうちに熱量上がりすぎていつもさじ投げるパターン。今年こそは、、やりたい。今はとくにオンキーについて語りたい。

 

・もらったお題で何か書きたい

これも企画的なもので、ブログ読者の方やツイッターのフォロワーの方々から「これについて書いて!」て言われるようなテーマがあれば書いてみたい。

 

・月に1回は更新したい

去年は更新できなかった月もあったので、今年は毎月最低1記事はアップしたいところ。

 

・もう1個ブログをつくる

去年から画策していたことなのだけど、シャイニーちゃんたち以外のことを綴るブログを作りたいと考えている。シャヲログは書いてて楽しいんだけど、やっぱりSHINeeというテーマの縛りがあるのがちょっと辛い。とはいえこのブログでSHINeeと関係ないことをだらだらと書くのも嫌で。SHINee以外の日々のこと、自分のこと、好きな映画や音楽、本、旅についてただただ思ったことを書く居場所がほしい。

 

【シャ活編】

・サノク行ってみたい

ピーナッツ氏といつか行こうね行こうね、て言いながらかれこれ数年が経ってしまった。参加の仕方不明やし、体力的に持つかな、とか、やっぱり仕事のこともあるし、と理由をつけては諦めてたから、今年こそは行きたい!よね、ピーナッツ氏!(最近このブログ見てるかー!?笑)

 

・うちわ新調したい

だんだんボロボロになってきた愛すべきうちわちゃん達をメンテ、もしくは新調したい。デザイン考えたりハートどこに貼ろうだの、こっちの方が見やすいかな?だのワイワイしながらつるのが楽しいからってのもある。目指せニューうちわ@福井!

 

・SWⅥ@SEOUL行く

これは絶対。やっぱり日本ツアーとは違うシャイニーを目撃したい!そしてSUM行ってかわいいもの買って、東大門でおいしいタッカンマリ食べたい。

 

・部屋にSHINeeの特大ポスターを貼りたい

去年SWV行ったついでにCOEX行きまして。SUMカフェでアイドルたちのポスターがオシャンティに飾られているのを見て衝撃を受けた。

f:id:kiteretsumame:20170102132527j:image

アイドルのポスターを張る=一気にヲタ部屋になると思っていたのになんかおしゃれだ!よし、ポスター貼ろう!とテンション上がったわけだけど、肝心のポスター買いに行ったら待ち時間長くて断念してしまった。今年こそは素敵な特大ポスター買って部屋にドーーン!と貼りたい。いつまで続くか分からない独身のうちに(長引く可能性大)趣味にまみれた自分の城(部屋)を作り上げたい。

それにしてもあのサイズのポスターってどうやって日本持ち帰るの?長さ的に機内持ち込みダメだしやっぱり預けなきゃだめ?赤坂にできたSMレストランとかで売ってたりしないのかな?

 

・韓国語の勉強…(小声)

大学時代、授業中に熱心に韓国語の自主勉をしていた(良い子はマネをしないように)あの頃の情熱よもう一度!シャイニーちゃん達の喋ってることやインスタへの投稿を自分で理解できるようになりたい。

 

・シャヲルさんに会いたい

自分はあまり社交的ではないのですが、やはりSHINee好きという共通点を持つシャヲルのみなさんに今年も引き続きお会いしたりお話ししたりしてみたい。シャイニーちゃんたちを愛でる視点の幅が広がりそう。あ、そういう見方でも楽しめるんだ、とか。むふ。

 

【プライベート】

・毎日きちんとフルメイク…する…!

最近、ちょっと仕事用メイクを怠けております。メイク自体はそこそこ好きなんですよ、デートの時とかちょっとしたお出かけの時にばっちりメイクするの楽しいし(しかしライブの時にはあまり化粧に力が入らないのはなぜだろうか)デパートのカウンターで綺麗なお姉さんにメイクしてもらうのもなかなか楽しい。けどさ、毎日の出勤のたびに「とりあえず」化粧しなきゃいけないのがめんどくさくなるときあるよね!会社はおじさん(失礼)ばっかりだし、朝はメイクするより寝ていたい。だけど。やっぱりお化粧するとやっぱりスッピンより見やすい顔になるし、自信をもって堂々と道の真ん中を歩ける気がする。よりイキイキとしたキラキラした毎日を送るために、ちゃんとメイクしよう。

この記事読んでて楽しい&好きだ。

mogmog.hateblo.jp

note.mu

 

 

・本を100冊読む

最近本を読むことを怠けていて、買ったものの読まない、いわゆる「積ん読」が増えまくっている。今年はそれを消化するとともに、語彙と表現力を吸収して、シャイニーちゃんたちの褒め言葉のバリエーションを増やしていきたい(そこ?)

 

 

・旅をする

SHINeeと同じくらい好きなのが旅なのです。いわゆる観光スポットだけでなく、そこに住む人々の普段の生活を垣間見るような、街並みをただぶらぶら歩いたり、現地の人とおしゃべりしたり、そういった旅が好き。さっそく1月には香港に行くのを決めていて、毎年行ってる台湾とSWⅥに行くことを見越しての韓国もマストで行きたい。あとスケジュール的に可能なら年中にロシアに行きたい。…もちろんお金のことは何も考えずに書いている。

 

・フラダンスやりたい

ダンス初心者でも挑戦しやすそうな(違ったらすみません)フラダンス。母がスポーツジムのプログラムでやってみたら楽しかったらしく、感動して電話をかけてきた。「ひとつひとつの動作に意味があるのよ、『あなたを愛しています』とか、『美しい花』とか。そのせいか自分も心を込めて踊ってる感じがするのよ。なにより先生も生徒も笑顔でね、踊りながらみんな幸せそうだったわ~~!」by母

同僚とか友人にフラダンスやりたくて、て話をしたら「やってる姿が目に浮かぶ」「あの恰好が似合いすぎて笑える」「お前の頭がフラダンスだわ(dis)」と言われたので今年はぜったいフラダンスやってやる。

 

・やせる

ここ1年で3キロ太った。理由は明確。いつも同期と夜ご飯食べて帰ってるから。しかも同期が男だからカロリー高め量多めのデブまっしぐらのごはんを、男と同じくらいの速さで平らげている。というわけでとりあえず目指せ3キロ減!まずは食生活から見直します。

 

・ちゃんと予習をしたうえでフジロックに行く

去年はまったく予習をせずにフジロックに行ってしまった。とはいえ友人らのおすすめやら評判やら、直感を頼りにいろんなアーティストのアクトを何のフィルターもなしに見るのも楽しかったのだけど。今年は3日間それぞれ、お目当てのステージを2個ずつくらい決めていきたい。あー今年もたくさんの音楽に出会えるのが楽しみ!!!!

 

 

うむ、2017年やりたいことたくさんだ。こうやって文字にして公開することで何か効果ありそうな気もするよ。有言実行、を心がけたいと思います。

Best of SHINee 2016 私たちが悶えたあの瞬間を振り返る

トピック「2016年ベスト」

こんばんは、お豆です。今年も残すところあと数時間。みなさんどのような大晦日をお過ごしでしょうか。

今年もいろいろありましたねー!日本ツアーに京セラ&東京ドーム公演、てむちゃんのソロ、日本ソロデビュー、ジョンピョンソロ、1of 1リリース!最高だったSWワールドツアーの日本上陸…。たくさんの活動で我々に感動と元気と笑顔をくれた彼らですが、そんな彼らの最高すぎる写真を日々アップしてくださったマスター様たちにも感謝です。というわけで、去年に引き続き、私を悶えさせたBEST of SHINee 2016を開催!

マスター様たちの素敵すぎる写真の数々から、独断と偏見でベストショットを選ばせていただきました。過去記事はこちら↓↓

 

yurushinee.hatenablog.com

 

 当たり前ですがすべてマスター様方が撮影された写真です。クレジットは画像のなかに。それではさっそく参りましょう!今年は若い順でいきます!

 

テミンの部

大賞

f:id:kiteretsumame:20161225153033j:image

ふとした何気ない一瞬を切り取っただけなのに、まなざしから彼の芯の強さ、そして揺るぎないその未来を感じさせる1枚。これからもきっと何か凄いことを成し遂げるんだろうなって、そんなことを思ってしまう。

明確なビジョンとストイックな努力があれば、人は必ず成功を手にするものです。そんな、単純だけど、とても大切なことをテムちゃんは身をもって我々に教えてくれてる気がします。この写真を見ていると、自分も頑張ろうって、そう思える。

それにしても、女性が好きな要素をさりげなく、しかし無意識に取り入れてるテムちゃん、罪だなぁー!男らしい首と無愛想なピアスが、華奢で美しい見た目とといい感じに化学反応生み出してるのが、たまらなく最高。

 

 

 

うれしい!楽しい!大好き!で賞

f:id:kiteretsumame:20161225140818j:image

心の底からの楽しさがはじけた1枚!!ステージを愛し、ファンを愛し、な彼の心の底からの高揚感がたまんないっす。みんなでずっと飛び跳ねてたいね、へとへとになるまで。あぁ平和だ。

 

 

 

なんてったって君が最高のACEで賞

f:id:kiteretsumame:20161225153214j:image

てむちゃんのダンスの締め方が好き。特にこうやって、前に少し首を落として、腰をちょっと反らしたポーズがとっても好き。照明が落ちるまで、その美しい形を崩さずにパフォーマンスの余韻に浸らせてくれる後ろ姿、大好きです。

 

 

 

 

 

ミノの部

大賞

f:id:kiteretsumame:20161229203434j:image

極彩色の衣装や明るい背景の「陽」と、逆光によってできたミノの「陰」の対比が芸術的すぎて。力強い鼻筋や無駄な肉が落ちた頬、そして黒く縁取られた目。彫りの深い顔だちの彼だからこその陰影を美しく捉えた1枚だと思います。

 

 

旅人ミノで賞

f:id:kiteretsumame:20161229203456j:image

またもや陰影を味方につけたミノ。「崔珉豪。/広州」もうこのクレジットだけでごはん3杯いけるし、航空会社の旅行需要喚起用のポスターに使えそう。と、いうところから飛躍して。彼がアイドルではなくごく普通の旅する青年だったら、どんなんだろうなーと考えてみたりした。バックパック1つで知らない土地に行って、寝台列車や街角の食堂で現地の人たちと覚えたての言葉でコミュニケーションをとったり、人生についてぼーっと考えたり。そんなごく普通の青年だったんだろうか。

 

 

 

アイスクリーム?チョコレート?なにがいいんで賞

f:id:kiteretsumame:20161229203522j:image

 最後の1枚はアイスを食べる空港ミノ。革ジャンにサングラスなんて、いつもいかついファッションで決めてる君だけど、アイスをたべる姿がとてつもなくキュートだ!何味食べてるんだろ。

 

 

 

キーの部

 大賞

f:id:kiteretsumame:20161231142816j:image

空港で己のファッション欲を発散してくれるキーちゃん、今年も最新のアッションで我々の目を楽しませてくれましたね!選定にかなり悩みましたが…安定感のある構図のなかで今にも動き出しそうなこちらのキーちゃんを大賞とさせていただきました。せわしない朝の空港も、キーちゃんが歩けばあっと言う間にランウェイ。

 

高所恐怖症なのにありがとうで賞

f:id:kiteretsumame:20161229203556j:image

高所恐怖症で動くステージも苦手なのに、アリーナ席のファンに一生懸命お手ふりしてくれるキーちゃん。一人ひとりの目を見ながら「ありがとう」って手を振ってくれるところ、ほんと好きだよ!キーちゃんへのファンの気持ちがあふれる気持ちがいとおしくて、いとおしくて、、2016。

 

 

オンもオフも全力で楽しむ君が大好きで賞

f:id:kiteretsumame:20161227070718j:image

おかえり、キーちゃん!旅行は楽しかったかな?な1枚。スーツケースにどんなにたくさんのお土産を詰め込んできたのかな。忙しいスケジュールの中でも、公私ともにやりたいことに貪欲に取り組む君が大好きです。これからもキーちゃんのやりたい事リストの項目がもっともっと増えて、もっともっと消化できますように。

 

番外編 #2016年お嫁に行かせたくない大賞

キボミを守れさんが作ったタグにのってみましたが、もうこの写真しかない。キボミをお嫁に行かせたくないです!

 

ジョンヒョンの部

大賞

f:id:kiteretsumame:20161231150603j:image

どんなにカッコつけたって、そりゃもちろんカッコいいんだけど、やっぱりうれしそうにニコニコしているジョンひょんが一番好き。ピンクの髪の毛にお花のわっかを載せて楽しそうに駆ける姿が愛おしくて愛おしくて。いつもメンバーのことを思ってくれてありがとう。いつもシャイニーは5人だって、言葉にしてくれてありがとう。ラジオやステージでのひと言ひと言が嬉しくて、嬉しくて、、言葉に、できない(小田和正風味)

 

溢れる想いが美しいで賞

f:id:kiteretsumame:20161231214626j:image

オニュとジョンが歌った、SWVでの「Please Don't Go」最高でした。スクリーンに映るオニュをバックに歌うジョン、最高にいいカットですね。お互い歩んできたこの長い年月を振り返るような、これからの絆を確かめ合うような、あの2人にしか作り出せない世界があの日、あの場所にはありました。歌に気持ちを込める、とはこのことかとハッとするほど、あの日のジョンヒョンの歌声からは感情が溢れ出ていた気がします。

 

 

 食べてる姿が愛おしいで賞f:id:kiteretsumame:20161227072235j:image

ことしもお疲れ様でしたジョンD!活動に向けてすっかりやせた(絞った)彼がこうやってモグモグしてるのを見てるだけで幸せ~!かっこいいスタイリングでも食べてる姿はやっぱりわんちゃんみたいでかわゆ〜〜!!ムキムキになったりゲッソリなったりで忙しいけど、とにかく健康には気を付けて、おいしいものを食べて少しはお肉をつけてくれ~~!!

 

オニュの部

大賞

f:id:kiteretsumame:20161227072611j:image

ファンを見上げるこの表情がたまらなく切なくて、感情がとてつもなく揺さぶられる1枚。なんて純粋で美しい、慈愛にみちた表情なんだろう。泣くしかない。こんな表情を捉えてくれて本当にありがとうございます。

 

 視点が素晴らしいで賞

f:id:kiteretsumame:20161227072522j:image

さすがオニュランさま、よく分かっていらっしゃる。フードから顔を出した数十本の髪の毛一本一本がオニュであってたまらなく愛おしいのですよね。このフードの奥にはオニュのふかふかのほっぺが存在しているのであり、そのあたたかな温度が画面からじんわり漂ってくるではありませんか…。寒色のなかにもオニュのぬくもりが感じられる、ものすごく冬があったかいと思った写真。

 

 

 

 野生のジンギがこちらを覗いているで賞

f:id:kiteretsumame:20161231162220j:image

 車の窓を開けてこちらの声援にこたえてくれた、嬉しい1枚。物陰から興味しんしんでこちらを覗いてる野生のジンギ感がたまらない。めでたい。かわいがりたい。連れて帰りたい。マスクと窓でお顔は半分隠れちゃってるけど、オニュペンの想像力は無限大だからそんなの関係ない。きらりとうるんだ黒目も、薄紅にほんのり染まったお耳も、たまらなくかわいい。かわいいかわいい…。

 

 

団体の部

大賞

f:id:kiteretsumame:20161230115014j:image

皆さん覚えていらっしゃいますか。そうです、この写真、一応、今年の写真なのです(よね?)。ステージ上で何をみんなでこそこそしてるのかと思えば、ほやほやの2016年にキーちゃんがアップしてくれたのでしたよね。誰が撮ろうって言いだしたのかな。こんなにも5人仲良く、全員揃って、ファンを大切に思ってくれるグループを好きでよかった!!そう思わせてくれた大好きな写真です。

 

天使たちの戯れで賞

 

 

コンサートでわちゃわちゃするSHINeeのなかでも、オニュひょんを全員でいじる系わちゃわちゃって意外と少ない。というわけで割かしレアかつオニュひょんはSHINeeのものですわちゃわちゃをここで1枚。色彩も神秘的でいい感じです。

 

 

よく頑張ったで賞

f:id:kiteretsumame:20161230114653j:image

SWV@ソウルの終演後にシム・ジェウォン氏がアップしてくださった写真。オニュの負傷も、グループの心をひとつにして乗り越えてくれました。元気そうなオニュの笑顔、そしてあの素晴らしいコンサートを終えて達成感に浸るメンバーと、それを誇りに感じているジェウォン氏のキラキラした表情に元気をもらえました。よく頑張ったねウリSHINee!!

 

 

今年もありがとうございました!

さて、Best of SHINee 2016、いかがでしたでしょうか。正直めっっっちゃくちゃ迷いました。あの写真もこの写真も素敵すぎて捨てがたかったです。そして今回はオンテムやらオンキーやら、そういったモーメントも一緒に開催したかったのですが量が多すぎるのと悩みすぎて年越しそうだったので断念。今度やります。

 

こんなポエミーでくだらないシャヲログに遊びに来てくださったみなさん、今年も1年ありがとうございました。コメント欄やツイッターで感想をお寄せくださった皆さん、そのひと言ひと言がどんなに嬉しく、ありがたかったか。本当にありがとうございました。来年、いや、シャイニーがいる限りこのブログは続けていきたいと思いますし、もっといい文章が書けるよう精進してまいりますので引き続きよろしくお願いします。シャイニーの魅力をこんなに長ったらしく文章にするのも、何かしらの意味があると私は信じているのです。思いは言葉に。

 

というわけで!来年もシャイニーが元気で、楽しく活動をしてくれることを祈って今年の締めの記事とさせていただきます。

みなさん、2017年も素敵なシャヲル生活を!!

f:id:kiteretsumame:20161231204554j:image

SHINee に影響されまくりな私の買い物の記録 of 2016

 

お豆です。先週で今年の大仕事がある程度終了し、久しぶりにゆっくり過ごす週末。はてなブログで面白そうなお題があったので、参加してみる。といっても期限切れてますが…笑。SHINee関連を中心に、今年買って良かったものを記録として残して置こうかしら。

お題「今年、買ってよかった物」

 

Rollbahnのメモ帳

f:id:kiteretsumame:20161218134416j:image

仕事で愛用してるのがRollbahnの細長いメモ帳。人の話や覚書は単語とか記号とかを使って書きなぐることが多いから、横幅は狭くて下にどんどん書いていけるこのメモ帳は大変重宝している。他にもサイズ展開しているし、何よりカラーバリエーション豊かでSHINeeちゃんたちのメンバーカラーが揃ってるのが最高。すでにジョンヒョン、テミンのカラーは使い終わって、今はキーちゃんカラーを使用中。オニュちゃんのグリーンがこの前行ったら売り切れてた…。

あと、仕事用のスケジュール帳に大量に予定を書き込むので、普通より1日のマスが大きいもの、且つ毎月のカレンダーページのみのシンプルで厚みのないスケジュール帳を探していたところ、みつけた!(写真左)

ノートタイプで薄いし、書く部分が大きいからのびのび書ける。来年はテミンカラーの黄色にした。テンション上がる!

SHINee WORLD V グッズ

f:id:kiteretsumame:20161218140413j:image

んもう、これはマジで買って良かったです。キーちゃんとBRIDGE SHIP HOUSEさんによる、過去にない超デザイン性ある&実用性のあるグッズ。キーちゃんが「ファンの方々が本当に欲しいと思えるグッズをつくりたい」と思ったことから始まったこの企画。ファンが欲しいものを買って、その投資がまたシャイニーの新しい音楽に使われるならハッピーだ。

オルペンなので誰か1人のグッズを、とはならなくて、売り切れてるの以外結局ほぼ全員分買った。(ミラーはオンキーだけですが)

オニュTシャツなんて、3日間並んだにもかかわらず結局買えず。私の壮絶なる挑戦を見てくれ

というわけでオニュTシャツを持て余している方いらっしゃいましたらぜひお譲りいただきたく 。゚(゚´ω`゚)゚。 ご連絡おまちしております。

ちなみにTシャツは部屋着として超着てる。もちろん今もキーちゃんTシャツ着てる。買ったなら使わないとね!ラバーコースターは会社に持って行ってさりげなく使ってるけど今のところ誰からも突っ込まれてません。キーちゃんのミラーは化粧ポーチに入れてる。キーちゃんに美意識高めろって言われてる感じで勝手にウキウキしてるよ(末期)。

キーリングはさっそくミノちゃんにご出勤いただいた。冬だからミノちゃん寒くないように貴和製作所で買ってきたポンポン(250円くらい?)をつけてみた。なんか毛玉おばけみたいになったけどまぁいいや。

f:id:kiteretsumame:20161218143110j:image

 

 

オニュちゃんキーホルダーはプライベート用の手帳のカバーに。私はほぼ日手帳を使ってるんだけど、中でもファスナー付きのポーチタイプが好きで、来年はジョンヒョンカラーの(やはりここもメンバーカラーにこだわる)赤のカバーケースを新調した。キーホルダーそのまま付けるとちょい長さを持て余す感じだったので、リング部分を外してファスナーに直接チャームを付けたらいい感じに。来年のスケジュール管理よろしくねオニュちゃん!(自分でやれ!)

f:id:kiteretsumame:20161218164302j:image

f:id:kiteretsumame:20161218164306j:image

 

ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.

 
 
台湾で買ったあれこれ
インドのピアス
f:id:kiteretsumame:20161218164350j:image
夏に台湾行った時に、フェアトレードのものを扱ってる小さな雑貨屋さんで買ったインドのピアス。メトロノームの振り子みたいにチクタク揺れるのがかわいくて衝動買い。ちゃんとシャイニーカラー入ってるのも素敵でしょ。
 
 

カバくんの置物

f:id:kiteretsumame:20161218150435j:image

これまた台湾の富錦街のインテリアショップで一目惚れした、机の上を泳ぐカバくんの置物。水面からつぶらな瞳でこっちを見つめてくれるのがなんともかわいくて!

 

PCバッグ

f:id:kiteretsumame:20161218151343j:image

迪化街にある「布.物設計」という雑貨屋さんで買ったこちらのPCバッグ。よく仕事でPCを持ち歩くので、どうせならテンション上がるかわいいバッグが欲しかった。ちょうど台湾滞在中にオニュとイ・ジナちゃんのStarry Nightが配信されたのもあって、このお月さまとお星さまを彷彿とさせる幾何学模様があの2人の歌の世界観だ!と思って買ったのです。つくづくシャイニーに影響された買い物してんな自分…。

 

gentenのブックカバー

f:id:kiteretsumame:20161218153203j:image

いままで使ってきた布のブックカバーに飽きてきたというのもあり、長く使い続けられるブックカバーが欲しかった。そして、使ってるうちに自分の味が出てくる革のブックカバーを探していて行き着いたのがこのgentenのブックカバー。以前友人にここの違う種類のブックカバーをプレゼントした時になかなかいいな、と思っていたけどようやく手にしました。来年もこのブックカバーでたくさん本を読もう。

 

SHINee 5th アルバム「1 of 1」 

5集 - 1 of 1 (韓国盤)通常盤

5集 - 1 of 1 (韓国盤)通常盤

名盤が多すぎるSHINeeの歴代のフル/ミニアルバムのなかでも3本の指に入るのではないかと思う今回の「1 of 1」。各曲の感想は以下の記事に記しているけども、とにかくシャイニーらしさであるコンテンポラリーを軸に、80-90年代の大衆性や最新のダンスシーンを意識した色彩豊かな楽曲揃い。2016年下半期の私の音楽生活が一気に潤って幸せにホクホクしてる。

1 of 1

1 of 1

Prism

Prism

Don’t Stop

Don’t Stop

Feel Good

Feel Good

 

yurushinee.hatenablog.com

 

買い物をするときは自然とシャイニーカラー、なければメンバーのカラーを無意識に探して手にとってしまうシャヲル病ですが、それで日々の生活がダサくならない程度にテンションが上がればそれはそれでいいと思うのです。

2017年はどんなものを我が家にお迎えするんだろう。お金はかかるけど、買い物はやっぱり楽しいし大好きなのだ。

f:id:kiteretsumame:20161218163922j:image

銀座WAKOのショーウィンドウもクリスマス仕様!

 

 特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット

 

我らがSHINeeが誇らしくてたまらぬ FNS歌謡祭出演に寄せて

2016年12月14日、オニュちゃんのお誕生日の日に、SHINeeがFNS歌謡祭に出演しました!!出演おめでとう!

日本の歌番組にそもそも韓国アイドルが出演するなんてここ数年の日韓関係の影響があって難しかったのに、なのに!このタイミングでSHINee が出演してくれたことがただただ嬉しくてたまりません。しかも韓国アイドルとしての「色物枠」ではなく、ほかのアーティストと同様に(しかもけっこうな後半で)出演させてくれたことにただただ感謝です。

今日に向けてテムちゃんも「FNS歌謡祭見てくださいっ6 6」って何度も言ってたし、シャヲルのテレビ前への集合率ハンパなかった!ツイッターがいつもに増して大激流&ものっそい熱量で、まるで隣に大勢のシャヲルがいるような一体感を感じましたね〜〜!シャイニー出てくるまでもめっちゃくちゃ楽しかった。

あまりにもシャイニーを求めすぎて出てくるアーティストが一瞬シャイニーに見えてしまうシャヲル続出。CMすらシャイニーの登場かといちいちびびる。

 

まずはクリスマスソングメドレー、約40秒ほどの超一瞬だったのに人を虜にするには十分すぎるパフォーマンスでした。みんな緊張してる感じがしたけど(とくにまさかのキーちゃんが緊張してる感じで、見てるこっちも緊張したよーー!!)、オニュが安定の音程&声量でメンバーをリードしてくれましたね!!!最後のハーモニーもきれいにまとまってて、とにかくため息しか出ない…最高だよ最高。

そしていよいよのエビバデですよ!!!予定通りの10時過ぎから。直前のいきものがかりのアップテンポな曲にシャヲルもなんだか焦る焦る!徐々に落ち着きをなくしていくタイムライン。

最後のWake Up!でみんなで一緒にツイートしよう企画も素敵でした!

やはり尺は大幅カットはされていたけど、あの瞬間テレビの前の視聴者はあの世界観と迫力のパフォーマンスに釘付けになったに違わないのです。どうだ、これが我々のシャイニーなのだ。

f:id:kiteretsumame:20161214235344j:image
 
 
なんて幸せでありがたいことなんだろう。こんなにイルボンシャヲルは恵まれていいんだろうか。日本ツアーもあるし、ドーム公演までやってくれるし、オリジナル曲だってペンミだって、ワールドツアーだってやってくれるしメンバーは日本語を話してくれる。そして歌番組まで…。ずぶ濡れになるほどの贅沢だ。
そして、何が嬉しいって、ここまでの幸せをシャイニーちゃん達が「みなさんのおかげで」やれるんです、って言ってくれること。別に我々のおかげだと思ってるから感謝されて嬉しいというわけじゃなく、デビューの時から変わらずに謙虚に前向きにいてくれることが嬉しいんです。そしてやはり、こうやって一つひとつの目標を着実に達成してきたのは、君たちの積み重ねてきたものの結果なのだと思う。シャイニーの日本の活動は日韓関係の影響で一度は振り出しに戻ってしまったけれど、多くのグループが撤退する中でも地道に地道に活動を続けてくれた結果、今回のようなステージに立てたのだ。
私達は君たちが壮絶な努力と練習をしてきたことを知ってる。ものすごく辛い思いをしたり苦労したのであろうことも容易に想像できる。だけどそれをおくびにも出さず、いつも5人で最高のパフォーマンスで大きな感動と幸せと元気と勇気をくれることがありがたくて、君たちとこれからもずっと一緒に歩みたいと思ってる。
こんな幸せを感じさせてくれてありがとう。こんな素敵な、こんなに素敵な…。
f:id:kiteretsumame:20161215000840j:image
ほんとにシャイニーもシャヲルもよくここまで頑張ってきたよね。すごいよね。すべてがありがたいね。
 
とにかく、今日はゆっくり休んで、また明日から元気な姿を見せてください。賞とか名誉とかいらないから、ずっとずっと、シャイニーでいてくれたら嬉しい。
 
 
君たちのパールアクアグリーンの海をつくるシャヲルの1人より。
 
f:id:kiteretsumame:20161215002232j:image
 
 
 

【脳内開催】オニュのお誕生日祝賀大会

【司会者】

みなさま、お元氣さまです。早速ですが私の「せーの」の声を合図に、元気な声でご一緒ください。
せーの!
 
【全員】
オニュやーー!お誕生日おめでとうーーーー!!
(盛大な拍手)
 
【司会者】
ありがとうございました。ではみなさまご着席ください。
えー、本日は全世界からシャヲルの皆さんにお集まりいただきまして…えー、最近は日本のシャヲルのことを「ジャヲル」とも言うそうですが、えー、こんなにたくさんのみなさんとこの日を迎えることができてほんとうに嬉しい限りです。本日は、我々が1年もの間待ちに待った、輝くSHINeeのリーダー、オニュさんのお誕生日であります。今年でえー、何歳になったのかちょっと分からないですが、とにかく、めでたい!!もう、何度も使い古された言葉ですけども、「生まれてきてくれてありがとう」、まさにこの一言につきるのかな、と思うわけでして。この1年も色々なことありましたが、こうして元気で可愛くてカッコよくて意味不明で歌が上手くて太ももむっちりしててX脚で最強の癒しボイスで最近やたら色気出てるオニュさんが…えーっと、何の話だっけ、あ、そんな素敵なオニュさんを愛でることができることがなんと幸せなことなのか。まずそれに感謝をしなければいけないなぁと思う次第であります。
まぁ、私の話はこれくらいに…。では、続いてですが、オンユについて愛でたい!と常々申しております、当ブログ執筆者のお豆よりご挨拶させていただきます。
 
【お豆】
みなさまこんばんは、お豆です。今日この場をお借りして、私のオニュちゃんへの想いを語らせていただければと思っております。
私はオニュ寄りオルペンを公言しておりますが、オニュに対しては5人兄弟の長男、言うてみれば初めて授かった子供のような、全員可愛いけどやっぱり長男に一番期待しているし気にかけているし、といった目線でみております。ちなみに結婚すらしておりませんので親の気持ちは分からんですが、まぁオニュちゃんを可愛がりたい、見守りたいわけです。
 
長男だからと仕切るわけでもなく、前に出るわけでもなく、後ろから弟たちを見守る姿。無理にカッコつけようとしないところ。おいもさんだった過去を恥じず、あっけらかんと受け入れてるところ。オンとオフがきっちり分かれてるところ。こっちがハラハラするほど一生懸命なところ。急に始まるオニュサンテ。ものすごく楽しそうに笑うところ。ふかふかのお手て。
そんなたくさんのことが、私の心の臓をぐっと掴んで離してくれないのです。
 
私がオニュを初めてみた時の衝撃というのはもう、「まゆげ」でして、というか「なぜアイドルになった?」だったわけです。当時の自分に飛び蹴りしたいほどですが、まさに白鳥の群れに紛れてしまったアヒル感をオニュに対して抱いておりました。一方で、こんな清純な少年をこんなギラギラした芸能界に置いておいたら汚れてしまう!的な保護本能も働いたわけで、その日に私のオニュちゃんへの贔屓目は生まれたのであります。
とは言え意外にもちゃんとリーダーとして受け答えするし得意技も披露するし、なんだちゃんとアイドルだったんじゃん。と思いきや、最初の看板バラエティ「年下の男」でヌナ達からスンドゥブ呼ばわりされるわ、相手に選ばれなさすぎて数回目で女性芸人さんが番組側からの圧力によりオニュを選ばされてた感はんぱなくて、やっぱりこの子…推すわ!ってなったのです。みなさんはどんな風にメンバーのそれぞれを好きになったのでしょうか。
 
先日ある人になぜグループの中でオニュの人気が高いのか?という質問をうけました。そもそも私はメンバー間で人気順をつけるのは好きではないのですが、なぜなのかちょっと考えてみました。
もちろん顔とか歌声とか、もろもろの理由があると思いますが、「ミステリアスな男はモテる」をまさに体現したのがオニュなのではないでしょうか。
みなさん、ミステリアスな男は好きですか。やはり恋愛するとなるとミステリアスな男性に憧れたりハマってしまうのが世の常でございます。何を考えてるのか分からない、ふとした時の言葉や行動の意図が不明、ふと物憂げだったりシリアスな表情になる。そのせいで、見てる自分も相手のことがもっと気になるわけです。MUM効果とも言うとか言わないとか。
どうです、こうやってオニュの手のひらでころこら転がされてるオニュペンさんいませんか。というかむしろ転がされて喜んでるオニュペンさん多すぎ!もちろん私もですが。
 
とは言え私はどちらかと言えば色気やらセクシーさというのにはあまり興味がなくてですね、デビュー数年のまだまだあどけなく、素朴だったオニュちゃんに執着していると言いますか。いつまでもミルク飲んでおやつのバナナが大好きだった子どもがいつのまにか声変わりも迎えて自分よりも身長が高くなっていた、的な、急激な子どもの成長に対する母親の戸惑いのような…えぇ、そうです私まだ子供なんていないんですが、最近のオニュちゃんの色気にそういった戸惑いを時折感じるのも確かです。色気は出てもしかたないが、願わくは今後も肌の露出はせずにいてほしいです…。オニュちゃんのまっちろでふわふわしてマシュマロのようなぽんぽん、、ええもちろんこれは完全なる私の想像ですが、オニュだって自分で「ふわふわふかふかオニュです」言ってましたし。えーと、つまりオニュのお腹は国宝ですので御開帳は100年に1度というのがいいところでしょうかね。
 
何が言いたいのかさっぱりまとまりませんが、そろそろ締めとさせていただきます。いつもオニュのセンイル記事はふざけて書いてしまうんです。溢れる想いが強すぎてポエムになっちゃうので、、、というわけでみなさま、御起立いただけますでしょうか。
 
えー、とにかく、近年ではますます男っぷりが上がって妙に色気も出てきたオニュですが、願わくはデビュー当時の素朴さも忘れず、今年も1年健康で過ごして欲しいものです。
この1年がオニュにとってさらなる飛躍の年となるように祈願して1本締めとさせていただきます。それでは、お手を拝借。
ヨーーーーォ!!!!!!(拍手)
ありがとうございました。