シャヲログ ~アイスクリーム?チョコレート?ナニがイイ?~

東京は中央線ユーザーのシャヲル2人が、ゆるゆるとSHINeeを愛でるブログ。

SWV@香港に遠征される香港初心者シャヲルさんに向けた香港基本情報

※修正アリ

お豆です。来週末はSWV@香港ですね〜!

というわけで突然ですが今回は香港まで遠征されるシャヲルさん、特に香港が初めてで不安、といった方向けに香港旅の基本情報を載せておきます。つつがなくシャイニーちゃん達と会えますように!

今まで香港に旅行やら出張やらで行った時に「これ気をつけなきゃな」とか「知ってればよかったー」とか思ったことを載せています。これらすべてでもちろん基本情報はまかなえませんので、詳細な情報は香港ナビとかでご確認くだせ。

 


入国。どこの国でも同じだけど、出入国カードへの記入と提出が必要。入国の時に1枚目(入国用)を回収されて残り(出入国)を戻されるんだけど、出国の時に必要になるので紛失しないように〜。一緒に渡される小さな紙はスタンプ替わりのもの。昔のスタンプのままがよかったなぁ…。

さて、空港から市内に移動するわけですが、エアポートエクスプレスがおすすめ。車内キレイだし、九龍や香港島まで30分もかからないし、USBの充電ができる座席も。なお空港では改札がない(!)ため、チケットの購入は乗る前でも、九龍駅とか香港駅とかに到着して改札を出る直前でも大丈夫。往復で購入すると安いよ。

  • 九龍や香港方面から空港に向かう場合、空港駅に着くとドアが左右とも開きます。左側のドアがターミナル1、右側のドアがターミナル2への降り口です。

 

ちなみに会場となるアジアワールドエキスポは、このエアポートエクスプレスで空港の隣の駅です。香港駅からだと30分くらい。

f:id:kiteretsumame:20170513092135j:image

  • エアポートエクスプレスは上の図の深緑のライン。ピンクで印つけているのが主に皆さんが利用するであろう駅です。

 


九龍、香港島に着いたら駅とホテルを無料で結んでいるシャトルバスを利用すると便利。
http://www.mtr.com.hk/en/customer/services/complom_free_bus.html
乗車時にどこのホテルまで行くか聞かれるけど、特に何も確認されないので、行き先として掲載されてるホテルに宿泊しなくても自分の宿泊する近くのホテルで下車すれば大丈夫。帰国日は下車したバス停から乗れば同じように無料で空港まで連れて行ってもらえるよ。ただし、ホテルによっては遠回りになる場合があるので、時間がない場合はタクシー利用してもよいと思うよ。

 

そうそう、タクシーですが香港でタクシーを利用する際に注意したいことがいくつか。まず、メーターの表示と実際の支払う値段が違うことがあります。というのも、香港全体のタクシー料金がちょうど4月9日に値上がりしたようで、その値上がりにタクシーのメーターの設定が追いついていないため。その場合、新旧の料金が書かれた早見表の数字を払うことになります。

あとは香港島から九龍島に移動するときはタクシー使わずにMTR使った方がいいかも。営業圏の関係ですべてのタクシーが海越えしてくれるわけではない&海底トンネル利用料が追加されるので。夜はやっぱり混むしね。

そしてタクシーはどこでも捕まえられるわけではないです。街中では特に気をつけて欲しいんだど、路側に黄色い線が引いてあるところはいくらアピールしても止まってくれないよ〜〜!

そうそう、この前行って気づいたことなんだけども、午前中に香港島SOHO周辺でタクシー使う場合は時間と気持ちに余裕を持った方が良いです。通勤はもちろん、業者の車両で混み合ううえに道は狭いわ一方通行だらけだわで、歩き&ミッドレベルエスカレーター使った方が早い!って思った。ご参考までに。

 


さて、先に帰国時のことを書いておくと、香港はインタウンチェックインが可能。エアポートエクスプレスのきっぷを所持していて、且つ下記航空会社を利用する旅行者なら利用可能。ピーチとかバニラエアは利用できない模様なので注意!
http://www.mtr.com.hk/en/customer/services/checkin_info.html
そもそもインタウンチェックインとはなんぞや?って方のために書いておくと、空港に行かずして市内でチェックインできるよ、って仕組みのことです。早めにスーツケース預けられるし、その足で観光して空港向かえるしで、最後まで香港を楽しみ尽くしたい旅行者にはめっちゃ便利です。インタウンチェックインは出発時刻の1日〜90分前まで受け付けてます。空いてるので手続きもスイスイ完了。

出国審査の時間とかも考えて最低でも出発時刻の1時間30分前にはエアポートエクスプレスに乗り込んでいたいところ。免税品買いたい人はプラス1時間ほどみておこう。なお、インタウンチェックインの時点で搭乗口が決定していない場合もあるので、空港到着後に確認すること。

観光前に準備しておきたいのが日本でのSuica的なカードであるオクトパスカード。購入時の入金で4日間くらいは持つ。あとは現金。市内の有名なレストランでもクレジットカード不可のお店は意外とあるし、香港は物価が高いのであっという間に現金が無くなります。多めに両替しておくと安心。

SIMカードを購入するならDiscover Hong Kong Tourist SIM Cardが断然おすすめ。SIM入れたらなんの操作もなく使用できるし通信も問題ありません。5日間と8日間から選べる。マカオでも利用できるのは8日間のみ。到着ロビーにある1010というショップで買える。セッティングもやってくれるよ。

 

買い物する時の注意。よく街中のお店で20%オフ、40%オフ、なんていう表示を見かけます。セール大好きな方には夢のような数字ですが、オフ価格でも日本で買った方が安いやん。ていうことが多い。彼らの本気のセールは夏と春節の時期なので、ブランド品を狙っている方はこの時期以外に買わない方がよろしいかと思います。

 

弾丸旅だからじっくり観光はできないけど、夜景はマストで楽しみたい、っていう方も多いと思うので夜景スポットをいくつか紹介。

定番の尖沙咀プロムナードから香港島の輝く摩天楼を観るのも良いですが、夜のヴィクトリア・ピークから見下ろすのもなかなか。

吹き抜ける風が気持ちよすぎるし夜景最高すぎるし、うっとりすること間違いなし。もやのかかった空が百万ドルの夜景を受けて絶妙な色に変化していくのをゆっくり眺めてると時間なんて忘れちゃうです。ビール欲しい。
ちなみにピーク側からだとシンフォニー・オブ・ライツの様子はほぼ分からないので期待して行くべからず。また、夜はかなり混みますのである程度夜景を楽しんだら早めに切り上げるのが良いかと。

  • トラムでピークに登る方は時間に余裕を持って行きましょう。週末ともなれば(平日でもわりと)トラム乗り場はディズニーランドなみに並ぶ(下山も同様)ので、個人的にはタクシーでいくことをおすすめします。高級マンションを横目に山の斜面をぐねぐね曲がりながら登っていくのもなかなか良いです。タクシーで行った場合は展望台のあるピークタワーの隣にあるピーク・ギャレリアというショッピングモール1階のタクシー乗降場に停めてくれることがおおいですが(帰りもここから乗る。バスもある。)。ギャレリアからピークタワー側に行くのにちょい迷う。人の流れについていくor店員さんに道を聞きましょう。



九龍側からゆっくり観たいなら高層階にあるバーもなかなかよいです。というわけでオススメをいくつかご紹介します。
尖沙咀のiSQUARE(国際廣場)30階にある「eye ber」。カジュアルだしハッピーアワーもあるし店員さんもフレンドリーだし夜景も目の前で綺麗に見れる。週末は混むので、特にここからシンフォニー・オブ・ライツを観たいという方はいい席を取るためにも早めの入店をおすすめします。内側の席になると若いカップルが熱いキスを交わしている頭越しに夜景を眺めるはめに…。


夜景を見ながらのクローネンブルグ1664最高すぎる。

落ち着いた雰囲気が好きという方にはThe Oneの19階に入っているフレンチレストラン「Halan's」のオープンテラスバーがおすすめ。

レストラン自体はリッチな雰囲気ですが、バーは気軽に飲める感じ。テラスに出た途端、眼下に広がる百万ドルの夜景!!この感動は恋に落ちる時の衝撃と同じだと私は思っている。私が男だったら好きな子ここに連れてくるなー!
eye barの方が海に近いですが、こちらは客層も落ち着いていて(欧米人や香港エリートらしき人が多い)ゆっくり過ごせるのでオススメ度は高いよ。雨が降った後は利用できないので注意。

 

有名なOZON@リッツ・カールトンは観光地化してるのか、少々ガヤガヤチャラチャラゴチャゴチャしすぎて私は苦手だなぁ…あと高層階(118階!)すぎて夜景がちょっと遠い印象だし雲かモヤか分からんけどで視界が遮られがち。

けどやはり世界のリッツに入っているということで、華やか!リッチな雰囲気を味わいたい方は行ってみてもいいかもですね。なお多少のドレスコードがあるのでご注意を。

 

 

もっと早めにアップしようと思ってたけど直前になってしまった。参加される皆さんが無事に香港を楽しめますよーに!!!