読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャヲログ ~アイスクリーム?チョコレート?ナニがイイ?~

東京は中央線ユーザーのシャヲル2人が、ゆるゆるとSHINeeを愛でるブログ。

テミンの横顔は何を物語っているのか 「View」MVから「優等生アイドルSHINee」を垣間見た

お豆です。ついに昨日のお昼にViewのMVが公開されましたねーーー!会社のチャイムが鳴った瞬間にトイレに駆け込んで見ましたよ、見ましたともーー!だってすっごい楽しみにしてたんだもの。

 
 
SHINeeがシャヲルに導かれて、普通の男の子としての「日常」を過ごす。
 
たったそれだけなのに。
すっごい映像もいいいし、シャイニーちゃんたちのはしゃぎっぷりや衣装はかわいいし、ダンスも力抜けててかっこいいのに、なのになんでこんなに寂しさを感じるんだろうってのが最初の感想。特に、開放感にはしゃぐ彼らの笑顔と最後のテミンの横顔の対比にものすごいダメージくらった。
パトカーのサイレン(「日常」の終わり)の方にゆっくりと顔を向けるテミンはものすごく冷静に現実を受け入れた。逃げられないと分かっているから抗わないのか。諦めなのか、割り切りなのか?
 
 
いや、むしろサイレンを待っていたとするなら。
 
 
彼らはMVの中で束の間の普通の男の子としての青春を楽しんで、ちゃんとアイドルの世界へ帰っていく。もし普通の男の子なら、これからの季節プール行ったりフェス行ったり、友達と夜まで飲み明かすだろう。夏休みはどこ行こう?なんて計画することすら楽しい。だけど彼らにはそんな普通のことが普通ではない。
 
だって彼らは普通の男の子じゃない。アイドルだからである。
 
そう言い放ってしまうのはものすごく残酷なことだということは百も承知だけど、しかしだからと言って彼らが「日常」から帰ってこないとなると私たちはとても悲しむ。
同時に彼らもそれを望まないだろうと思う。失うものはとても大きいけれど、得るものもとても大きい。とは、よくアイドルの皆さんが仰るけれど、特にシャイニーは今の状況をとても楽しんでるしそれなりに満足して過ごしているのでは、と勝手に、ほんとに勝手に思ってる。これまで創り上げてきたものへの自信と使命感は言わずもがな、彼らが口にする「今の自分が好き」「SHINeeの一員でいることへの誇り」といった言葉に嘘はないだろう。そりゃあ人一倍辛い思いしてるだろうしプライバシーなんてほぼ無いだろうしスケジュール入れまくるマネージャーに殺気すら覚えるだろうよ。だけどだからと言って彼らがシャイニーというグループを捨てるとは今の状況では考えられない。だって今までメンバー1人もかけず、スランプを乗り越えてきたじゃないか。こうやって今彼らが活動を続けてるのは彼らがアイドル「SHINee」を一番愛している証拠なのだ。
 
 
ともかく、MVでは束の間の「日常」のなかにあっても彼らは自分がアイドルであることを全く忘れていない。必死に逃げてはいないし、最後にはやはりアイドル・シャイニーとして戻ってくる。
サイレンが鳴ったら「日常」とはお別れ。だってアイドルだもの。シャイニーだもの。僕らの住むところはここじゃない、キラキラしてドロドロした芸能界なのだ。
 
女の子に誘惑されても顔を背けるオニュ。写真を毅然と拒否するジョンヒョン。女の子から素直に手当てを受けるキー。女の子をかばってケンカして葛藤(もしくは困惑)するミノ。そして、女の子たちとの「日常」の終わりを静かに受け入れるテミン。
なんとなく私は「あくまでもアイドルは職業である」1人の人間としての彼らの素顔を垣間見た気がしてしまってこわかった。だけどこういったメンバーのパーソナリティー、そしてアイドルとしての自覚をちゃんと持った「優等生アイドルSHINee」っていう側面が良くも悪くもちゃんと表現されてるMVだなと思う。
 
私がMVから感じた寂しさは、自由がないアイドルへの同情ではなかった。彼らが普通の男の子ではないこと、自分達と違う世界の住人であること、たまにこちらの世界に来たと思っても時間が来たら帰ってしまうことを改めて知ったことへの寂しさなのだ。同時に「日常」がないアイドルとして戻ってきてくれることを願ってしまうことへの罪悪感もやっぱりあるのかもしれない。
 
  
 とにかく、すっごい名曲だと思う。ジョンヒョンによる歌詞も良すぎる。私これめっちゃ好きだ。そして彼らのスタイリングやらCDのジャケットやらのビジュアル面も過去最高だと現時点では思ってる。このアルバムを超えられるアルバムなんて、出せるんだろうか?うん、きっと彼らなら出せる。
 
 
 
それにしてもオニュとミノの前で女の子が服脱ぐのは何?よくもまあシャイニーを前に堂々と迫れるわね…ラテン系最強すぎる…!


SHINeeランキングへ